嫌われるのが怖い?100人の敵より一人の味方

 誰だって嫌われるのは怖い

“全員から好かれることなんて誰もできない…”そう頭ではわかってはいても、いざ自分が、今リアルに関わっている人たちを想像してみると

…やっぱり人から嫌われるのってものすごく怖い”ですよね。

どうしたって人間は、自分が人からどう思われてるか気になってしまう生き物なのです。

でも今、この記事を読んでくださっているということは、少なくともあなたはもう痛いほど気づいていると思うのです。

誰かから嫌われるかもしれない…なんて、どれだけ考えても一ミリも自分にとって良いことは起きません。

だからこそ、今そこに使っているエネルギーを別のところに注いでみること。

「…あのね、100人の敵より1人の味方だよ。」

これは、私が“人から嫌われること”が怖くて怖くて仕方なくなってしまって一時期とても悩んでしまい自分がやりたいことに踏み出せなかった時にある人から頂いた言葉です。

100人から嫌われ、けなされても私はあなたを“良い”と思う。心から。

それで良いじゃない。と。

恋人もそう、友達もそう、仕事もそう。そうやって少しずつ一人の“本当の味方”をコツコツと増やしていけば良いんだよ。

それを言われた時私は今までずっと貼り続けてきたバリアが音を立てて崩れていくのを感じました。

そうか、そうだよね、と。

人から嫌われるのって確かに怖いけどその怖さすらも“本当の一人”を見つければ全然違って見えてくるのかもしれない。

そんな希望を感じました。

スポンサーリンク

 

嫌われる理由は好かれる理由と同じ

この前あるラジオを聞いていたら、ある有名な心理カウンセラーの方がものすごく面白いことを言っていました。

人間は人から好かれる理由と嫌われる理由が同じだと言うのです。

どうゆうことかというと例えば

●見た目がめちゃくちゃ可愛い女の子は可愛いことでモテるけど、そのぶん何もしてないのに女性から嫌われてしまい有る事無い事、陰口を叩かれたり

●明るくて元気いっぱいなのが取り柄な人は元気すぎることが原因で「なんか、あの人暑苦しいんだよなぁ…。」と、思われてしまうこともあったり。

その人にとっての“良いところ”というのは人によっては“悪いところ”になってしまうこともあるのです。

だから結局、良いも悪いも紙一重だと。

ある人からは良く思われてもある人からは悪い印象。それってすごく普通のことだしどうしようもないことだとも言えます。

だったら“良い印象の人”と一緒にいた方が良く無いですか?

一緒にいて楽しい人。気持ちが落ち着く人。自分のことを必要としてくれる人。そうゆう人を見極める目を持って大切に大切にしていくこと。

そうすることで本当の一人と初めて出会えます。

* 関連記事 *

●居場所がない?そんなことない

 

本当の一人は100人から嫌われても守ってくれる

本当の一人は見つかりにくいぶん見つけたら、ものすごく強い味方です。

例え自分が100人に嫌われるようなことがあったとしてもその一人が、守ってくれます。“私は味方だよ”って。

ただ、そうゆう一人を見つけよう見つけようと焦っていてはなかなか見つからないものです。

というのも焦ってしまうと“ただ自分のことを守ってくれる人”を探し求めることになってしまい、結局、自分本位な“くれくれ君”になってしまうから良い関係が得られないのです。

“くれくれ君”というのは、何でもかんでも人から貰おうとする人のことを言います。

愛してくれー。

守ってくれー。

慰めてくれー。

話聞いてくれー。

これでは相手からエネルギーを貰おうとしているだけで本当の意味で自分の味方になってくれるような人は見つけられません。

じゃあどうやったら見つけられるのでしょうか。。

スポンサーリンク

 

本当の一人はどうやったら見つけられる?

では、どうやったら本当の一人は見つけるこができるのか。

それはすごくシンプルでくれくれ君の逆をすれば良いのです。

それは、この人、何が欲しいかな?と、常に考えること。

お金や物、もしそれが男女であれば体以外のものでその人を喜ばせることを考えてやってみるってことです。

つまり“相手の立場に立って相手を思いやるということ”

どんな言葉かけたら喜ぶかなぁ〜とか。

その人の頑張っていることや経験してきたことに興味を持って知ろうとしたりだとか。まずは態度で。自分から与えていくこと。

そうしていくことで次第に相手との信頼も生まれるし、そこまできて始めて素晴らしい関係性が築けると私自身、身を持って体感しています。

あとは地道にその本当の一人を増やしていく

そうやって本当の一人ができるとおそらく二人目もすぐにできます。そして三人目、四人目とどんどん自分にとって本当に必要な人の輪が広がっていきます。

そこまで来たらあとはもう何にもしなくてもその人たちが“良いもの”を運んできてくれます。

それは初めはすごく小さなものかもしれません。どこどこで何々があるんだけど一緒に行ってみない?とか

〇〇っていう面白い人がいるんだけど今度紹介するよ。とか。

そうやってどんどん本来自分が行きたかった場所や今まで知りもしなかったワクワクするような世界へと行くきっかけをつかんで行くのです。

* 関連記事 *

●罪悪感はゆっくりと消えていく、うつ病は個性だ。

 

人から嫌われるのが怖い・まとめ

ということで“人から嫌われるのが怖い”と悩んでいて今現在思うように歩けていない人は人から嫌われないように意識するのではなく

自分にとっての本当の一人をまずは見つけてみてください。本当の一人を見つけると不思議と人の目が気にならなくなってきます。

嫌われるのが怖い…なんて考えることも減ってきます。だって「私は私だもん」…って。心に芯を持つことができるようになるのです。

それくらい、人から信用してもらったり誰かから必要としてもらうって大きなことなのです。

でも、それは自分だけでなく、人も一緒。

だからこそ、まずは自分の欲求を

愛してくれー。守ってくれー。かまってくれー。

というのをぐっとこらえて与えることに目を向けてみてください。人より先に。

そうゆう小さなことで今いる人との関係も変わって来るし最悪、今いる場所で無理だったら思いっきり環境を変えてみるのも一つの手です。

いつだって何か良いものを運んでくれるのは“人”。それだけは忘れずに。

少しずつ、少しずつ。

人間は何度でも、立ち上がれます。

* 関連記事 *

●人生終わったからでも幸せになれるたった一つのこと

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ADDのシンガーソングライターです。現在は得意なことを伸ばそうと音楽活動をしながら、このサイトの運営をしています。 大人のADHDで悩む全ての方に、私の体験談や・対策・辿ってきた道のりをお伝えし、少しでも前向きに生きて言ってもらえたらと思っています。