ADHD(ADD)におすすめのバイト6選!実体験に基づく

スポンサーリンク

 

バイトを選ぶのも一苦労

 

ADHD(ADD)を持っていると

 

 

バイトを選ぶのも一苦労ですよね。

 

 

私は最初自分がADHDの傾向があるとは知らずに

 

 

居酒屋でバイトをして

 

 

人生終わったと思いました。笑

 

 

その時の話はこちらです、よければ読んで見てください。

 

 

元気出ると思います。

 

 

●ADHD(ADD)の私が居酒屋でバイトして見た話

 

 

てことで、今回は

 

 

今まで数え切れないほど

 

 

いろんなバイトをしてきた私が

 

 

ADHD(ADD)の特性があっても

 

 

それなりに、こなすことができたよ〜

 

 

というおすすめのバイトを

 

 

ご紹介したいと思います。

 

 

1:スーパーのレジ打ち

 

 

レジって色々あるけどコンビニよりも

 

 

スーパーのレジ打ちの方がオススメです。

 

 

なぜならコンビニだと、レジを打つ以外にも

 

 

弁当を温めたり、揚げ物をしたり

 

 

検品したり、廃棄のチェックをしたり。。

 

 

などなど。

 

 

“レジをしながらも、やらなければならない作業”

 

 

がすごく多いんですね。

 

 

なので2つのことを同時にするのが

 

 

苦手なADHD(ADD)には

 

 

辛い場面が出てくることもしばしば。

 

 

その点、スーパーはひたすら並んでくれたお客さんの

 

 

清算をするだけなので

 

 

一連の流れが身につけばなんとかなることが多いです。

 

 

Youtubeで見たADHD(ADD)当事者の方も

 

 

スーパーでレジ打ちをしていると言っていました。

 

 

行き着くところはみんな同じなんだなぁ。

 

2:巫女さん

 

巫女さん(みこさん)ってあの年末年始に

 

 

神社にいる可愛い袴を着たお姉さんです。

 

 

あれ、季節限定のバイトで5年くらい連続で

 

 

行っていたのですが、すごく良かったです。

 

 

基本的には座っているだけで

 

 

お守りとか売るんですけど

 

 

詳しいこと聞かれたら

 

 

お坊さんなり、神社の人が何とかしてくれます。

 

 

そもそも、一般人が詳しいわけないですからね。

 

 

うん。穴場です。笑

 

 

ちなみに男の人の募集もありましたよ

 

 

巫女さんとはちょっと違うのですが

 

 

神社に多くお金を収めてくれた人に対して

 

 

“お茶とお菓子を出す”っていう仕事内容で。

 

 

そもそもメニューがお茶とお菓子しかないので

 

 

テンパることもないです。

 

 

人もいっぱいいますし。

 

 

3:カラオケの裏方

 

 

カラオケは、受付はちょっと厳しいかもです。

 

 

滞在時間とクーポンを料金の計算とか

 

 

たまに部屋からかかってくる注文の電話で

 

 

発狂しそうになります。笑

 

 

が、裏方は別です。

 

 

ドリンクとか食事を運ぶ人ですね。

 

 

何が良いかって、最初に注文された

 

 

ドリンクを作って部屋まで持って行っちゃえば

 

 

あとは勝手に部屋の中で馬鹿騒ぎしててくれる。

 

 

ってことです。

 

 

カラオケって受付の人以外

 

 

ほとんど客と絡みがないんですよ。

 

 

なんかクレームが起きても

 

 

まず最初に行くのは受付への電話ですし。

 

 

電話が来てから部屋に向かうまでの間に

 

 

“どうゆうふうに対応すればいいか”を

 

 

考える時間的な余裕もあります。

 

 

なので、カラオケでバイトする場合は

 

 

仕事内容が、受付と裏方で分かれてる

 

 

大きいところに行くのがおすすめです。

 

 

そしてできればお客さんもあまりこないところ。

 

 

受付も裏方も一人でってところもありますが

 

 

そうゆうところは、おすすめしません。

 

 

4:登録制のイベントバイト

 

 

コンサートや野球観戦などの

 

登録制・単発バイト。

 

 

これの一番の醍醐味は

 

 

どんなに嫌なことがあったとしても

 

 

“1日我慢すればお金が入る”ってとこですね。

 

 

中でも、会場に入る前の荷物検査や

 

 

チケットもぎりはなんとかできましたよ。

 

 

スピードは追いつかなかったけれど

 

 

やる作業は簡単でした。

 

 

たまーにちょっと難しそうなことを

 

 

任されそうになった時は

 

 

「すいません。ちょっと自信ないです。」

 

 

と、言って断ったりもできますし。

 

 

なんせいっぱいいるから

 

 

自分一人が断ったところで

 

 

他の人に任せてくれます。

 

 

そしてもし断って嫌な顔されても

 

 

さっきも言った通り1日だけの付き合いなので

 

 

なんとか乗り越えられます。

 

5:閉店後の清掃バイト

 

 

清掃は開店前の、朝6時くらいからの募集だと

 

 

ロングスリーパーや

 

 

朝が苦手な私みたいなタイプだときついかもしれません。

 

 

一回、朝の7時〜10時の3時間だけの

 

 

スーパーの開店前清掃バイトをやって見たのですが

 

 

1ヶ月で起きれなくて辞めました。笑

 

 

が、仕事内容的には一人で行動することが多いし

 

 

ベテランのおじいちゃんやおばあちゃんに

 

 

可愛がってもらえることもあるので悪くはないです。

 

 

たまにパチンコ店などが閉店後の清掃を募集していることもあるので

 

 

それなら時間帯も22時から数時間で終わるものが多いので

 

 

おすすめです。

 

 

*ロングスリーパーに関しても記事を書いています。

 

 

●ADHDはロングスリーパーでも良い

 

 

 

6:漫画喫茶・ネットカフェ

 

 

ADHD(ADD)からくる感覚過敏で

 

 

うるさいところだと、すっごく疲れる

 

 

という人にはとてもおすすめです。

 

 

静か〜です。

 

 

たまに常連さんのいびきが聞こえてくるくらい。

 

 

そして、選ぶなら

 

 

  • パックの内容がシンプルなところ
  • お風呂がないところ

 

 

が、おすすめです。

 

 

ほんと楽なところだと

 

 

会員証ピッとやって

 

 

あとはフロントにあるパソコンで

 

 

暇つぶしに自分の好きなこと調べてても

 

 

漫画読んでても何にも言われません。

 

 

何なら従業員みんなそんな感じです。

 

 

ドリンクバーも飲み放題だし。笑

 

 

もちろん店舗にも、よりますが。

 

 

たまーにお客さんから「パソコンがおかしい!」

 

 

とか言われたら、無理に解決しようとせず

 

 

部屋ごと移動させちゃえば大抵何とかなります。

 

 

まとめ

 

どうでしたか?何か一つくらい

 

 

「これならできそう!」というものが見つかったら

 

 

すごく嬉しいです。

 

 

あともう一個重要なのが

 

 

面接を受ける前に

 

 

リサーチできるものはした方がいいです。

 

 

実際にその場所に行って

 

 

“肌で雰囲気を感じてみること”

 

 

その時点で明らかに

 

 

この場所、自分には向いてなさそうだなって時ありますから。

 

 

そして選ぶときのポイントは次の2つです。

 

 

  • 空いていそうなところ
  • 人数がある程度いる(フォローしてくれるから)

 

 

が、あくまでもこれは私が実体験に基づいて書いたので

 

 

人によって向き不向きはあります。

 

 

そして、もしも一つのところで続かなくても

 

 

探し続ければ必ず見つかります。

 

 

バイトは楽しくなくても

 

 

ストレスなくこなせるものを選んで

 

 

それ以外のところで自分の長所を活かせるものを

 

 

見つけるっていうのも一つのスタイルです。

 

 

 

 こちらもお勧め 

 

●ADHD(ADD)でミスしまくってバイトをクビになった話

 

 

●ADHD(ADD)の飽き性で、もう落ち込まない

 

 

 応援ポチっ 

 

*今日読んだよの気持ちに応援クリック頂けますと励みになります

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
この記事を書いている人

ADHD(ADD)グレーゾーンのシンガーソングライター“お花”です。

25歳の秋にすごく悩んで、病院に行ったのをきっかけにブログを始めました。

猫とギターと絵を描くのが好きです。


発達障害ランキング

Twitter
カテゴリー

ページの先頭へ