女性のADHD(ADD)は見た目でわかりづらい

スポンサーリンク

 

見た目でわかりづらい

 

ADHD(ADD)は女性よりも男性の方が圧倒的に多く

 

 

女性の場合はADHDを持っていてもコミュニケーションが

 

 

うまく取れてしまう人も多いので

 

 

気づかないまま大人になってしまうケースもたくさんあります。

 

 

症状を見てみても

 

 

  • 忘れ物・なくし物が多い
  • 片付けられない
  • 衝動買いしてしまう
  • 物事を先延ばしにしてしまう
  • 日中の尋常じゃない眠気
  • 先延ばし癖

 

 

などなど

 

 

いや…それくらい誰にでもありますやん!と言われてしまうようなものばかり。

 

 

なので気づかないまま大人になり、社会に出てから

 

 

「あれ?なんか私、根本的なものが周りの人より欠けてる?」

 

 

とようやく気づく…なんてこともしばしば。私もその中の一人でした。

 

 

ADDという言葉をネットで知ったけど…

 

おそらく多くの「私もしかしてADHD?」と思った女子は

 

 

ネットでたくさん検索したことでしょう。

 

 

そしてその症状を調べていくうちに多動のないADDという言葉を知り

 

 

「…これ…私のことじゃん…!!」

 

 

( ゚д゚)!!

 

 

と、衝撃を受け

 

 

思い切って周りの友達や親に相談してみたら

 

 

「〇〇が発達障害?いやぁ〜ないない!大丈夫だって!私もそれくらいあるから〜」

 

 

と言われてしまって。

 

 

…本気で悩んでるのに誰にも理解してもらえないっ!!

 

 

うう…どうしたらいいんだ!!…と思ってしまっている方も多いかと思います。

 

 

というか私がそうでした。笑

 

 

でも結論から言うと“病院、いった方がいいです”間違いなく。

 

 

そもそも“障害”なんて言葉がつくから病院に行きづらくなる訳で

 

 

日常生活を送る上で“辛い”と感じている時点で

 

 

それはある意味もう障害になっているのであって

 

 

・そんなの甘えだよ

・努力でなんとかなるんじゃないの?

 

 

とかいった言葉はザザーッと全部ポイしてもらって(*´-`)ノ

 

 

専門家に相談してみてください。

 

 

というのは、この“ADHDかもしれない”と疑った時点で

 

 

相談ができずに一人で悩みを抱え込み

 

 

“うつ病”を併発してしまうケースも多いので

 

 

そうならないためにも専門家に診てもらうことをオススメします。

 

 

●うつ病で仕事を辞めてもいくらでも道はある

 

 

ADHDを持つ女子は“うつ病”を併発しやすい

 

ADHD(ADD)は先ほども記載した通り

 

 

なかなか周りからの理解が得られません。

 

 

相談してみたところで誰にでもある症状ばかりなので

 

 

努力不足だよとか、甘えだねとか思われてしまうことが多く

 

 

相談したことで余計にその人と話しにくくなってしまうこともあります。

 

 

また、親に言ってみても自分の子どもが障害だなんて

 

 

認めたくない!ということもあって

 

 

…そこでまた衝突して疲れてしまう。。なんて話も聞いたことあります。

 

 

そうやって誰にも相談できずに

 

 

日々の生活でうっかりミスを繰り返し

 

 

冷や汗をかき続け、たった一人で悩んで疲れてを

 

 

繰り返しながら…気づいたら“うつ病”になって…。

 

 

職場にも行けなくなり、ようやく病院でADHD(ADD)だったと知る。

 

 

…そんなの辛いですよね。。

 

 

本当にADHDの人の気持ちは痛いほどわかります。。

 

 

でも、安心してください。

 

 

ADHDは使い方次第では才能を発揮します!

 

 

自分の特性を知った上で“やりたいこと・得意なこと”に焦点を当てる。

 

 

…そしてそれを伸ばしていける環境を自分で作っていく。

 

 

焦らず、一歩一歩、確実に。

 

 

そうすれば必ず良い方に動いて行きます。

 

 

ADHD女子・または、もしかして私ADHDかな?と疑っている女子。

 

 

全てのADHDで悩む女子が生きやすくなりますように。

 

 

 こちらもお勧め 

 

 

●ADHD(ADD)の女は、かわいいって本当?

 

 

●うつ病で仕事を辞めてもいくらでも道はある

 

 

 応援ポチっ 

 

*今日読んだよの気持ちに応援クリック頂けますと励みになります

 

 

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:ADHD関係  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
この記事を書いている人

ADHD(ADD)グレーゾーンのシンガーソングライター“お花”です。

25歳の秋にすごく悩んで、病院に行ったのをきっかけにブログを始めました。

猫とギターと絵を描くのが好きです。


発達障害ランキング

Twitter
カテゴリー

ページの先頭へ