【親に言えない】ADHD(ADD)だと打ち明けられない時

スポンサーリンク

 

もしかして私、ADHD(ADD)かも?

 

仕事や学校、人間関係が上手くいかないことがきっかけで

 

 

あれ?なんか私…みんなと違う?

 

 

と、ネットや本で調べて

 

 

自分がADHD(ADD)だったと気づくケースって多いですよね。

 

 

ここまではみんな、自然とたどり着く道だと思います。

 

 

が、問題はここからで。。

 

 

わかったはいいけど

 

 

それから、人に相談できないし

 

 

どうしていいのか、わからない…。

 

 

これ、かなりの人がぶち当たる壁だと思います。

 

 

かくゆう私も、実際にADHD(ADD)を疑った時

 

 

母親に“病院行ってみようかな”と相談すると。

 

 

「いや、行ったところで、はいADHDでした。ってなったとしてだよ?あんたそれからどうするの?薬もらって通院したって、そりゃ優しく話は聞いてくれるだろうけど結局なんの解決にもならないと思うよ、私は。」

 

 

こんなことを言われてしまいました。

 

 

うちの母は、もともと発達障害というものを知っていたし

 

 

私がその傾向があるだろうなってことも、わかっていました。

 

 

仕事や学校で、私がその傾向のせいで辛い思いをして来たのも

 

 

いつも相談していたので全部全部わかっていました。

 

 

その上で、彼女は私を責めるつもりとかではなく

 

 

“辛いのはわかるけど、結局は自分で乗り越えていくしかないでしょ”

 

 

という意味を込め言ってくれました。

 

 

私も、そこまで汲み取ることができたのです。

 

 

だって母は、私が一番尊敬している人だから。

 

 

そして、私はその時点では

 

 

“病院に行かない”という選択をしました。

 

 

ADHDなのかどうかずっと引っかかる

 

が、それから何年か経って大学を卒業し就職するも

 

 

全然上手く行かず

 

 

すぐに転職するも、それも上手く行かず。

 

 

そのあと一度うつになって寝たきり生活に入るのですが

 

 

なんとか、そこから復帰し

 

 

“やっぱり好きなことをしなくちゃ”と

 

 

全く違うこと始めてみるも

 

 

それでも上手く行かず…。。

 

 

ここに来てとうとう、私は

 

 

もうさすがに自分一人では抱えきれない…。となり

 

 

「やっぱり病院に行こう…。」という決断をします。

 

 

そしてその時は

 

 

母にも誰にも相談しないで

 

 

自分一人でそのことを決め、病院を予約しました。

 

 

もう誰のいうことも聞いていられる余裕がなかったからです。

 

 

結果、ADHD(ADD)の傾向が非常に強いと言った

 

 

グレーゾーンの結果が出ました。

 

 

が、私はその時病院に行ったことを

 

 

本当に良かったと思っています。

 

全部聞かなくていい・話さなくていい

 

というのは、やっぱり

 

 

いくら大切な人の助言であっても

 

 

それはその人の経験からくる

 

 

“こうした方がいい”という助言なわけであって

 

 

そこにはやっぱり自分の置かれている状況とのズレが出ます。

 

 

それは仕方がないことです。

 

 

だって親だろうと友達だろうと“違う人間”ですから。

 

 

だから私が、この経験を経て今思うのは

 

 

ADHD(ADD)かどうか悩んで病院に行くかどうか

 

 

迷った時は

 

 

“最後は自分で決めていい”

 

 

ということです。

 

 

それについて、誰に何を言われても

 

 

100%理解しようと聞かなくていいし

 

 

逆に100%自分のことをわかってもらう必要もありません。

 

 

そこで躓いてても自分のためにならないですから。

 

 

ただ本当に心の底から

 

 

“このままにしていたらまずい”と、思うのであれば

 

 

そこで自分のために病院に行くことは

 

 

私は自分の人生にとって必要なことだと思います。

 

 

ADHDだと親に言えない・まとめ

 

ということで、ADHD(ADD)かどうか

 

 

病院に行くことを親に反対されたりして悩んだ時は

 

 

親の言うことを聞くのも一つの選択ですが

 

 

“自分の判断でこっそり行ってしまう”

 

 

と言うのもまた一つの選択です。

 

 

そして、もしもADHD(ADD)だったと言う結果がそこで出たとして

 

 

また“その結果をいうか言わないか”で迷った時も、一緒。

 

 

勇気を出して言ってもいいけれど

 

 

さっきも言った通り

 

 

100%理解してもらわなくてもいいのです。

 

 

親子というところで繋がっていられればそれでいいし

 

 

それが友達なら

 

 

“好きなもの”や“大切だから”で繋がっていられればいいし。

 

 

それだけでもいいのです。

 

 

だってこっちだって親の生まれてから今までの

 

 

全てを知っていますか?

 

 

例えば過去の恋人のこととか。笑

 

 

友達だってそうです、友達の兄弟や生い立ちのことまで

 

 

事細かに知っていますか?

 

 

そうゆうもんじゃないでしょう。

 

 

一緒にいるって。

 

 

もっともっとシンプルでいい。

 

 

だから“今は打ち明けるのが怖い”というのであれば

 

 

そこを無理してさらけ出す必要はないと私は思うのです。

 

 

その時が来たら言いますから。

 

 

そうゆう流れってくるものです。

 

 

私もつい最近、病院でそうゆう結果が出たことを

 

 

母に伝えました。

 

 

「そうだったんだ。」とは言ってたけど

 

 

それ以上何を思ったかは、わかりません。

 

 

でも、それから私への態度が何か変わったわけでもないし

 

 

私の中でだって、それはずっと変わらない。

 

 

大切な母親です。

 

 

 こちらもお勧め 

 

 

●逃げた先に光はあるADHDの逃げ癖は悪いことじゃない

 

 

 応援ポチっ 

 

*今日読んだよの気持ちに応援クリック頂けますと励みになります

 

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:ADHD関係  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
この記事を書いている人

ADHD(ADD)グレーゾーンのシンガーソングライター“お花”です。

25歳の秋にすごく悩んで、病院に行ったのをきっかけにブログを始めました。

猫とギターと絵を描くのが好きです。


発達障害ランキング

Twitter
カテゴリー

ページの先頭へ